充電できなくなった場合|iphoneのガラス修理はプロに依頼しよう!

iphoneのガラス修理はプロに依頼しよう!

作業者
このエントリーをはてなブックマークに追加

充電できなくなった場合

女の人

個人に依頼する場合

長い間利用してきたiphoneはコネクタ部分の劣化により充電できない場合があります。そのまま使い続けることは難しく、すぐに修理が必要になります。修理は一般的に専門の店舗もしくはキャリアのショップに依頼することになりますが、実は個人でも修復可能です。専用の道具やパーツはネットで購入可能で、修復方法についてもネットで調べることが可能です。作業時間は1時間程度なので、個人でも修復できます。どちらの方法を使ってコネクタ部分を交換したとしても仕上がりに大差はありません。個人での修復に自信がないのであれば、素直にiphone修理専門のところへ依頼すると良いでしょう。充電できないトラブルは致命的なので早く直しましょう。

店舗に依頼する場合

充電できないiphoneを直す方法はいくつかありますが、店舗やショップに依頼する場合は修理費用に着目しましょう。場所によって費用が違い、ある店舗は8000円で修理が可能ですが、ある店舗は13000円かかることがあります。費用については事前に確認することが可能で、電話やネットで調べられます。事前に確認をした上で修理を依頼すれば失敗することはありません。また同時に修理期間についても調べておきましょう。修理期間も店舗やショップによって違うからで、2日から3日違う場合があります。さらに代用品についての確認もしておくと良いです。充電できないiphoneと同じモデルになるのか、違うモデルになるのか、ここにも注目しておくと良いです。